お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第146回日商簿記2級対策『予想大会』より



第146回日商簿記検定対策のインターネットLive NS予想大会が5月14日(日)、インターネットにて生配信されました。 日商簿記検定直前期のネットスクール恒例行事となったこのイベント。今回も多くの方にご覧頂きました。

前回は1級の様子をご紹介しましたが、今回は2級の様子をピックアップしてご紹介します。

なお、予想大会本編については、現在、オンデマンド配信をしており、特設サイトから無料登録を行って頂くことで、本編をご覧になることができます。 こちらの記事ですべてをお伝えすることはできませんので、気になった方は、ぜひ予想大会本編をご覧下さい。

気になる出題予想は…

第146回の日商簿記2級試験で多くの受験生が気になるのは、やはり出題区分の変更が行われた商業簿記の出題がどうなるかといったことではないでしょうか。

平成29年度、すなわち今回の第146回試験から2級の出題内容となった以下の内容に関しては、もちろん出題される可能性があると考えられます。
  • 外貨建取引
  • リース会計
  • 圧縮記帳
  • 課税所得の計算

ただ、過去の日商簿記検定で新しい内容が加わったときも、初めて出題されるときは比較的易しい出題となる傾向があるらしく、仮に上記の新論点が出題されたとしても、テキストレベルの内容がしっかり理解できていれば、それほど不安に感じる必要はなさそうとのことです。

その代わり、昨年度(平成28年度)に2級の内容として加わった以下の内容に関しては、既に一度、出題実績があるものも多く、2度目の出題となることから、難易度が少し上がる可能性も十分に考えられます。
  • クレジット売掛金
  • ソフトウェア
  • 固定資産の割賦購入
  • 役務収益・役務原価
  • 電子記録債権・債務

どうしても平成29年度の新論点に注目しがちですが、平成28年度の新論点もしっかりと確認しておくのがよさそうです。

第2問に関してですが、伝票会計(仕訳日計表の作成)を除くと、次のような出題傾向になりそうとのことです。
  • 固定資産の一連の処理
  • 銀行勘定調整表(現金預金の処理)
  • 株主資本等変動計算書
  • 有価証券の一連の処理
  • 商品売買の一連の処理


また、第3問については、ここ最近で3回ごとに(2回空けて)損益計算書が出題されている傾向にあるという情報も出てきました。
前回、損益計算書が出題されたのが第143回試験なので、第143回→第144回→第145回→第146回と考えると、この第146回試験で損益計算書が出題される可能性は、かなり高いのかもしれません。

ワンポイント講義

今回、桑原先生によるワンポイント講義では、平成29年度から日商簿記2級試験の出題区分となった内容のうち、第146回試験で出題されそうな以下の3つの内容について、考え方と一連の仕訳の解説が行われました。

  • 外貨建取引(為替予約を含む)
  • リース会計
  • 圧縮記帳


一連の取引に係る仕訳や計算のほか、第3問で出題される可能性も踏まえて、関連する勘定科目を財務諸表上のどの区分に記載するのかといったことがひととおり紹介されました。 新論点の中でも重要と思われる上記3つの内容を、20分強でひととおりマスターできる講義となっていますので、新論点に苦手意識をお持ちの方はもちろんのこと、しっかりと理解して得点源にしたい方にも見て頂きたい講義となっていたのではないでしょうか。

直前期の過ごし方について

ワンポイント講義の後は、ネットスクールで日商簿記1級WEB講座を担当する中村先生も合流して、試験までの4週間の学習プランや学習法などをご案内する「直前期の過ごし方」のコーナーです。 方にアンケートをとった結果、『ラストスパート模試』を3回ほど繰り返した方の合格率が最も高かったことを踏まえ、受験生の皆さんに向けて『ラストスパート模試』を中心とした学習プランの説明が行われました。

この時期になると、他の方の進捗などに振り回されるのも良くないので、ご自身にあった学習プランでラストスパートに取り組むようにしましょう。

最後に

前述のとおり、今回の日商簿記2級対策『予想大会』は、平成29年度の新規追加論点をざっと確認するにもピッタリの内容となっています。 オンデマンド配信では1.5倍速や2倍速での再生もできますので、もう少し短い時間でもご覧になることが可能なので、繰り返しになりますが、ぜひ予想大会本編もご覧になってみて下さい。

第146回試験 日商簿記2級 ラストスパート模試

  • 製造元:
    ネットスクール出版
  • 定価:
    1,512円(税込)
  • ISBN:
    978-4-7810-4231-2

OTHER ENTRY この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

SERVICE 自社サービス