お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

日商簿記の試験当日はどんな勉強をすれば良いの?



日商簿記検定の当日、試験の時間までどうやって過ごす?

日商簿記検定の当日、集合時間ギリギリに到着する前提で行動すると、思わぬトラブル等で遅刻したり、受験できなったりする可能性があります。
また、午前9時に開始する1級・3級については、起きてから試験までの時間があまりに短いと、頭が完全に目を覚ます前に試験問題を解くことになってしまいます。

そうした意味でも、試験当日はある程度時間的に余裕のあるタイミングで起床すること、そして、余裕をもって試験会場に向かうことをお勧めします。

2・3級は簡単な決算の問題と仕訳の確認を

机に向かって勉強できる場合

日商簿記3級では第5問、2級では第3問において、精算表や財務諸表の作成といった決算に関する問題が毎回出題されています

決算の問題に関しては、決算整理事項に多少のバリエーションはあるものの、減価償却や貸倒引当金の設定、費用・収益の見越し・繰延べなど、どの問題でもほぼ確実に出題される決算整理事項も多数あります。

そういった決算整理事項を素早く解くためのウォーミング・アップを兼ねて、決算に関する問題を1題解くのがおススメです。

その際、注意して頂きたいのが『簡単な』問題にしておくことです。
過去に何度か解いて答えを覚えかけているような問題でも構いません

あくまでもウォーミング・アップ、言い換えれば肩慣らしのための問題ですから、ざっと決算の流れやオーソドックスな問題のスムーズな解法を確認して、本試験の問題に備える目的だと割り切りましょう。

反対に、初めて解くような問題や過去に解いてもほとんど解けず、解説を見ながら悩んだような問題を解くのはお勧めできません
そのような難しい問題が出題される可能性もありますが、その問題に対応できるメリットよりも、試験直前に過剰な不安や心配に苛まれて、平常心で試験に臨めなくなるリスクの方が高くなる恐れがあるので、ご注意下さい

移動中や短い時間で勉強する場合

ゆっくりと机に向かって勉強する時間がない場合や、電車やバスの待ち時間・乗車中については、テキストなどで仕訳の確認がおススメです。

仕訳は第1問での出題が中心であるものの、他の問題でもきちんと仕訳の基礎が分かっていなければ問題を解き進められないことが多々あるくらい、簿記の基礎といえるものです。

仕訳の形はもちろんですが、どのような勘定科目が登場するのか、勘定科目はどの区分(資産や負債など)に該当するのか、相手方の仕訳はどうなるのか、その取引の前後にはどのような仕訳が行われるかなどを確認するのが良いでしょう

全てを確認できる訳ではないものの、スキマ時間は使えるだけ使って、最後まで諦めずに知識の確認をするようにしましょう。


なお、それ以外の問題の対策については、試験当日に対策するのはなかなか難しいかと思いますので、試験前日までに仕上げてしまうように心がけましょう。

日商簿記1級は仕訳か理論の確認を

日商簿記1級については、複雑な計算が必要なものも多く、短い時間で解き終えられない問題も多いため、そうした問題を試験当日に解くのは困難です。

ですから、スキマ時間に学習しやすい仕訳や、会計学の理論のおさらいなどをするのが良いでしょう

日商簿記1級についても、2・3級と同様に試験当日に難しい問題や初めて見る問題に触れるのはお勧めできません。 仮に出題される可能性があるとしても、それが「絶対」ではない以上、いたずらに不安を掻き立てるだけになってしまうリスクがあります。

これまで学習してきたことを信じ、その内容がしっかりと頭の中に残った状態で試験に臨めるか、その確認をするという意識でおさらいをするようにしましょう。

ちなみに、試験当日は商業簿記・会計学の問題から実施されるのに加え、工業簿記・原価計算は基本問題であっても問題を解くのに電卓が必要だったり、時間がかかったりして解き終えない可能性があるので、よほどのことがない限り、試験直前に確認するのは商業簿記・会計学にしてください。

その代わり、商業簿記・会計学が終わった後に気持ちを切り替えて工業簿記・原価計算の最終確認をするようにしましょう。 商業簿記・会計学が終わった後に、「あそこはどういう計算だっけ?」と振り返る方もいらっしゃいますが、答案用紙を提出していた後のため、このような振り返りをしても点数が伸びることはあり得ません。
それよりも、この後の試験の点数を1点でも多く伸ばすために、気持ちを切り替えて工業簿記・原価計算の最終確認をしましょう。

最後に(持ち物も含めて)

試験当日はアレコレ気になって、たくさんのテキストや問題集を試験会場まで持ち運ぶ方がいらっしゃいます。 しかし、たくさん持ち運んでもほとんど使い切れないということも多々あります。

皆さんは試験に向けてしっかりと勉強されてきたはずですから、これまでの学習を信じるようにしましょう!

試験当日にやることと必要な教材をある程度決めておいて、持ち物が多くなりすぎないようにするための参考になれば幸いです。

皆様のご健闘を心よりお祈り申し上げます。

お知らせ

ネットスクールでは、日商簿記検定の当日に予想配点付きの解答速報の公開と、講師による解説をお届けする解答速報会の無料生配信を行います。

詳しい日程等については、特設サイトにてご案内しておりますので、試験が終わった後はネットスクールのホームページをチェックしてください。

OTHER ENTRY この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

SERVICE 自社サービス