お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「当座預金」って何?



簿記の勉強を始めると、ほとんどの方が冒頭で触れることになる当座預金
ただ、この当座預金自体、馴染みのない方も多く、謎に包まれた存在かのようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

これは、まだ実際に企業で働いたことの無い学生の方ばかりでなく、最近は会社勤めの方やご自身でお店を経営されている方でも「うちは使ってないなぁ」という方も多いのかもしれません。

とはいえ、企業によっては活用されているところも多い当座預金。今回は、当座預金の存在について、簿記検定で関係ないところまで含めて、ご紹介しましょう。

当座預金の特徴

代金決済に特化した預金口座

当座預金は、主にビジネスの世界において、企業間での代金決済を行うために用いられる預金口座です。

今では銀行振込もインターネットを使えば、手数料も安く、簡単に行えますが、そういった仕組みが無かった頃は、大きな金額の決済を行うのは大変でした。

振込を行うにしても、窓口に並んで専門の用紙に記入して手続きを行わなければならない上に、振込手数料がとられてしまいます。
かといって、何千万円、何億円といった金額を現金で受け渡ししようとすると、支払う方も受け取る方も、持ち運びや盗難リスクを考えると、とても大変です。

そこで、小切手や手形といった用紙に金額を記入し相手に渡し、受けとった方はその小切手や手形を銀行に持ち込むことで、あとは銀行間のやり取りで代金の決済が済むような仕組みが用いられるようになりました。
このように、小切手や手形の決済のために用いられる目的で開設されるのが当座預金なのです。

無利息、そして開設に審査が必要

当座預金の大きな特徴の1つが無利息であるということです。

皆さんが一般的にお使いの普通預金や定期預金では、(少ないかもしれませんが)預けていると利息が付きます。
これは、預金として銀行が預かった資金を貸出しに回し、それによって得られた利息収入の一部が預金者に還元されるためです。

しかし、当座預金は元々決済用に用いられるものであり、いつ、多額の引き出しが行われるか分からないため、預金口座に入金されても、銀行としては貸し出しに回すことが現実的ではありません。

そうした理由もあり、当座預金には法令で利息を付けることが禁じられています。

また、当座預金口座を開設すると、小切手や手形を振り出せるようになりますが、現金と異なり、額面に「○○万円」と書いてしまえば多額の取引が簡単にできるようになってしまい、預金額に見合わない小切手や手形が振り出されてしまうと、後述する「不渡り」が生じてしまい、大きな混乱のもとになってしまいます。

そのため、当座預金の開設には銀行側の審査を受けてOKを貰う必要があるのです。
普通預金や定期預金のように、お金と印鑑と身分証明書を持って行って「口座を開設してください」と言えば簡単に開設してもらえるものではなく、これまでのその銀行での取引の状況や財務諸表による財産の状況・売上や利益の状況を審査されることになります。

「不渡り」2回で取引停止に…

前述のとおり、当座預金口座を開設して小切手や手形を振り出せるようになることは便利なのですが、額面に金額を書いてしまえば、銀行に持ち込まれると(約束手形の場合は期日が来ると)その金額が自社の預金口座から引き落とされてしまいます。

例えば、もしも1億円の小切手を振り出し、翌日に受け取った相手がその小切手を銀行に持ち込んで換金を依頼したとしましょう。
そのとき、自社の当座預金口座に入っている金額が1億円に満たない場合、受け取った側は銀行から「この小切手は決済できなかった」と告げられます。

このように、預金口座に入金されている金額が不足して、振り出した小切手や手形を受け取った側が換金できなくなる状態を『不渡り』といいます。
不渡りを起こすということは「守れない約束をした」、「約束を破った」ことと同じですから、当然ながら大きく信用を失う事態となります。

ただ、入金タイミングの1日・2日のズレが原因で、たまたまその瞬間だけ口座に入金されている金額が不足していただけかもしれませんので、不渡りが1回までは銀行も大目に見てくれます。
しかし、2回目の不渡りを出した瞬間に、その銀行とは取引できなくなるのが一般的となっています。
銀行との取引ができなくなると、代金の決済に支障が出るだけでなく、融資なども受けられなくなるため、企業の経営は一気に行き詰ってしまう可能性が高くなります。
そのため、当座預金口座を開設した際には、不渡りを起こさないようにしっかりと管理することが求められます。

(銀行との取引停止にはならないものの、不渡りを1回でも出してしまうと「あの会社はヤバいのでは…?」という噂が立って、まともに取引してもらえなくなる可能性があるようなので、現実的には1回の不渡りが命取りになってしまうようです…)

当座預金を使うメリット

当座預金の特徴を見て、小切手や手形を使えることがメリットだということは明らかになりましたが、今となってはインターネット取引を使えば、安く簡単に振込もできるため、当座預金口座にはそれほど大きなメリットは感じず、普通預金口座で済ませてしまう企業も増えているようです。
しかも、無利息で不渡りのリスクもある訳ですから、それらがデメリットと感じられるかもしれません。

ただ、当座預金には小切手や手形を使って決済が簡単に行えること以外にも、次のようなメリットがあります。

預金が全額保証される

現在、もしも普通預金口座や定期預金口座を開設している金融機関が破綻してしまった場合、元本1,000万円とその利息までしか保護されないことになっています。
しかし、これは利息が付く預金口座の話であって、無利息の当座預金については、金融機関が破綻しても全額が保護されることになっています。

そのため、何億円、何十億円という資金を持つ企業の場合、現金や普通預金と比べて盗難や紛失、金融機関の破綻といった様々なリスクに対して最も安全な保管方法として当座預金口座を活用するというメリットがあるのです。

契約すれば口座に入金された金額以上の決済が可能になる

「不渡り」のところで説明したとおり、当座預金口座に入金されている金額以上の小切手や手形が決済されようとすると「不渡り」となってしまいます。

しかし、銀行と前もって当座貸越契約を結んで、相応の担保を差し出すと、一時的に銀行が立て替えて決済してくれるので、預金口座に入金されている金額以上の決済が可能となります。 ※簿記では「当座借越」と呼ばれますが、銀行と契約するときは「当座貸越契約」と呼ばれるのが一般的です。

ただし、これはあくまでも一時的な借金であるため、利息を付けて返済する必要があります。(当座預金の方には利息は付かないのですが、こちらは利息を支払う必要があるのです…)

なお、現在では定期預金などを担保にすることで普通預金でも同様の仕組みを活用することができる銀行も増えているため、それほど強力なメリットとは呼べなくなっているかもしれません。

銀行のお墨付きがもらえる

前述のとおり、当座預金口座を開設するには銀行の審査を受ける必要があります。

銀行は融資の際に融資先の経営状況などを審査することから、企業を見るプロとも言えます。
当座預金口座を開設できたということは、そんな銀行の審査に通ったということを意味するため、「銀行のお墨付きをもらっている」という信用を社会的に得られることに繋がります。

ビジネスの世界では信用が大切で、特に初めて取引をする相手であれば、お互いに「この企業と取引して大丈夫かな?」と考えるはずです。
こうした初めて取引する相手と契約する際に、当座預金口座を使った決済方法などを提案すれば、「少なくとも銀行が当座預金口座の開設審査でOKした企業だから、それなりに信用していいはずだ」と思ってもらえ、スムーズに(もしくは少し有利な条件で)取引を開始できるかもしれません。

そうした信用面でのメリットも、企業によっては大きいのかもしれません。


日常生活でなじみのない「当座預金」ですが、企業にとってどんな存在なのか、少しでもお分かり頂ければ幸いです。

OTHER ENTRY この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

SERVICE 自社サービス