お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

どうして3桁ごとに区切るの?



簿記の勉強を始めると多くの方が戸惑ってしまうのが、「1,000,000円」のように3桁ごとに“,”(カンマ、コンマ)で区切る表記法です。

日本語としては、⇒十⇒百⇒千⇒一万⇒十万⇒百万⇒千万⇒一億⇒…と桁が4つずつ増えると呼び名が変わるので、「桁区切りのカンマも4桁ごとに打った方が分かりやすそうだ」と、誰しも思ったのではないでしょうか。

今回は、この桁区切りのカンマの不思議について、掘り下げていきたいと思います。

現在の日本のルール

数字に桁区切りのカンマを付けるのか否か、付けるとしたら何桁ごとに付けるべきか、そういったことを定めた法律は、日本にはありません。

ただ、役所や国の機関が作成する文書の表現方法を定める『公用文作成の要領』というものがあり、その中では次のような規定が設けられています。
大きな数は,「5,000」「62,250 円」のように三けたごとにコンマでくぎる。
この通達は1952年(昭和27年)に内閣が各省庁宛に発出したもので、戦後の国語改革で左から右に書く横書きが広まったことに対応し、加えて、様々な公文書が広く国民全般に読みやすくなるものとすることを目的としたもののようです。

この通達自体は、公文書を作成する役所の人たちさえ守れば良いものですから、別にこの通達の内容とは異なる書き方をしても、読む人に伝われば何の問題もありません。

ただ、「公文書が広く国民に読みやすくするように」という目的で定められた上記の通達が3桁ごとにカンマで区切ることを要請していることから、こういった通達が作られる時にはすでに4桁ごとではなく3桁ごとに区切る表記が広く日本で浸透していたとも考えられます。

この表記を日本に持ち込んだのは、やっぱりあの人?

元来、日本語の数字の表記は現在の「12,345」のような表記ではありませんでした。

一、二、三…のような漢数字を用いていたのに加え、縦書きでした。

また、大きな違いとして今となっては当たり前の位取り記数法が採用されていませんでした

位取り記数法とは、(日常生活で使う10進数を例にとれば)今の皆さんが当たり前に使っている「123」のように、1の位、10の位といった位ごとに1桁の数字を並べていく表記法のことです。

ただ、江戸時代までの日本では「123」を「百二十三」、「4,567」を「四千五百六十七」のように表記していました。

この表記が変わるきっかけとなったのが、明治時代です。 多くの西洋文化が日本に持ち込まれたこの時代、西洋式の帳簿記入法である複式簿記を日本に紹介した1人の人物がいます。 それが、一万円札の肖像画でおなじみの福澤諭吉です。

彼が表した『帳合之法』という書物が、現在でも使われている複式簿記を日本に最初に紹介した書物だと言われています。(その際に「借方」・「貸方」という簿記用語を作ったのも福沢諭吉と言われています。その詳細は別の記事で…。)

福澤諭吉は、西洋式の帳簿記入法を紹介するに当たって、これまでの日本語における数字の表記法では都合が悪いと考えたのでしょう。

そもそも桁ごとに「百」とか「千」とかを書いていたら、細かい金額をキチンと帳簿に記録しようとしたときの書き手の負担が大きくなります。

しかも、従来の日本語における数字の表記法では、文字数と数字(金額)の大きさが必ずしも連動しないという点も見逃せない点といえます。

現在使われている数字の表記は、数が大きくなると桁が増えて文字数が増えるため、桁数で数の大きさや大小関係が分かりやすいという特徴を持っています。「456」と「70,000」であれば、後者の方が大きいことは明らかです。

しかし、伝統的な日本語の表記だとどうでしょうか。「456」は「四百五十六」、「70,000」は「七万」となります。前者が5文字、後者が2文字ですから、文字数は前者の方が多いのですが、数としては圧倒的に後者の方が大きくなります。

そうした点を踏まえて福沢諭吉は『帳合之法』の冒頭の部分で、本書の数字の書き方がこれまでの日本語特有の表記法ではなく、位取り記数法を採用していることを読者に伝えているのです。

日本では馴染みのない表記法ではあったためにそうした注意書きをしているものの、そろばんの桁と同様だとも書かれているので、その点は日本人にもすぐ馴染むだろうと考えたのかもしれません。

また、これと同時に、百と千の位の間や十万と百万の位の間のように、3文字ごとに桁を区切る点(、)の表記も採用されたのです。

おそらくこれが、日本で初めて3桁ごとの区切り表記が採用された瞬間でしょう。

日本で位取り記数法が紹介されると同時に、いきなり3桁ごとに点で区切られるという表記法も持ち込まれたということになります。

もちろん、これまで「四百五十六」という表記に慣れていた日本人にとっては、大きな変化のように感じたでしょう。

これは福澤諭吉自身も、(当時の日本人の)初学者には向かない表記法だと認めつつも、明らかに西洋式の書き方の方が便利であり、かつ、福澤諭吉自身も翻訳を続けていくうちに慣れたようで、「誰でも4~5日間の熟練で簡単に感じるはずだ」と説明しています。

では、なぜ3桁ごとに区切る?

3桁ごとに数字を区切る表記法が、福澤諭吉によって西洋から日本に持ち込まれたものだということからも分かる通り、そのルーツは日本の外にあります。

皆さんも中学校や高校の英語の授業で、(ある程度)大きな数の表現を習ったことと思います。それを思い出してみましょう。
  • 1:one
  • 10:ten
  • 100:one hundred
  • 1,000:one thousand
  • 10,000:ten thousand
  • 100,000:one hundred thousand
  • 1,000,000:one million

このとおり、4桁ごとに大きな数の表現が変わる日本語と異なり、英語では3桁ごとに大きな数の表現が変わります

例えば、「12,000」は英語で「twelve thousand」と言いますが、カンマの前の「12」を「twelve」と読み、その後ろに「thousand」を付ければ良いというのがすぐ分かります。

このように、英語では3桁ごとに区切った方が分かりやすいのです。
そうしたことから、3桁ごとに区切る慣習が生まれたと言われています。

この慣習がそのまま数字の読み方が異なる日本に持ち込まれることになったため、大きな違和感を引き起こしたのかもしれませんが、以前の記事でも書いたとおり、福澤諭吉は日本人に違和感がある表記や表現であっても、慣れることで海外の人たちとのコミュニケーションがスムーズに行われるのであればその方が望ましいという考え方であったようなので、数字の表現についても敢えて日本の慣習よりも西洋の慣習を優先させたのかもしれません。

実際、インドなど一部の国を除いては、言語に関わらず3桁ごとに区切る慣習が根付いており、日本と同じように「万⇒億⇒兆⇒…」と4桁ごとに大きな数の呼び名が変わる中国や韓国も同様の表記をしています。

また、この慣習ゆえに企業が公表している財務諸表の多くが、千円単位または百万円単位となっており、そこから派生する資料も同様の表記がなされることがあります。
これは、千円単位であれば下3桁の「,000」、百万円単位であれば下6桁の「,000,000」といった具合に、カンマで区切られた単位ごと省略することに由来しています。

このように、ビジネスの世界では日本だけでなく世界中で3桁区切りを前提とした数字にあふれているため、簿記の検定試験に向けた学習の段階で慣れておく方が、将来的なメリットも大きくなるはずです。

ところ変われば表記も変わる

日本では3桁ごとの区切り記号を「,」、小数点を「.」で表します。
アメリカやイギリス、オーストラリアなどの英語圏の国々では日本と同様の表記をしますが、必ずしも日本と同じような表記をする訳ではない点は注意が必要です。

例えば、ドイツやイタリア、スペインやポルトガルなどでは、日本と逆で、3桁ごとの区切り記号を「.」、小数点を「,」で表します。

また、世界中で使用される基本的な単位を決める国際度量衡総会による国際単位系(SI単位系)では、小数点を「,」または「.」のどちらでも良いものの、3桁ごとの区切りは空白で表すこととなっており、「,」や「.」といった記号は入れてはならないルールとなっています。
そのため、技術書などの理系の書籍では日本でも「1 234 567.89」などと表されることがあります。

海外から持ち込まれた3桁ごとの区切り表記も、実は場所やシーンによって異なるため、海外旅行や出張のほか、輸出入の文書などでは注意しましょう。

OTHER ENTRY この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

SERVICE 自社サービス