お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

建設業経理検定は何級から挑戦するといいの?



初めて建設業経理検定の勉強をすることになったら…?

建設業経理検定を受験される方の中には、「簿記や会計、経理のことを全く勉強したことがない」という方も少なくないと思います。

そんな方は、建設業経理検定の何級から受験するのが良いのでしょうか?

建設業経理検定は、易しい方から建設業経理事務士4級3級、そして建設業経理士2級1級から成り立っています。

…ということは、一見すると「4級から順番に…」と考えたいところですが、ネットスクールでは十分な時間があれば、特段の事情がない限り2級をいきなり目指すことをお勧めしています。
※ネットスクールのWEB講座でも『ゼロ標準コース』という名称で、簿記の学習が初めての方でも2級を目指せるコースを開講しています。

どうして2級を目指した方が良いのでしょうか。
今回の記事では、その理由を説明したいと思います。

経審での評価は1級・2級のみ対象

建設業経理検定の合格を目指す最大のメリットは、お勤め先の経営事項審査(経審)の評点向上にあります。
現に、そういった背景でお勤め先から建設業経理検定の受験を言い渡された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

詳しくはこちらの記事をご覧頂きたいのですが、経審で評価の対象となるのは建設業経理士2級以上であり、建設業経理事務士3級・4級はその評価の対象とはなっておりません

お勤め先の企業としても、建設業経理士2級以上の従業員がいることにより評点が上がれば、受注できる公共工事の幅も広がるというメリットを受けられることから、各種手当や一時金などの支給が建設業経理士2級以上となっているケースも多いようです。

そうした学習される方・お勤め先の企業双方のメリットを考えたとき、必然的に2級以上を目指した方が良いといえるでしょう。


年に1回しか実施されない3・4級…

ただし、メリットが2級以上だからといって一気に2級を目指すのではなく、やはり「段階的に勉強したい」という方も多いかと思います。

ですが、それを難しくしているのが建設業経理検定の実施スケジュールです。

検定の試験の中には、下位級(易しい級)の年間実施回数に比べて、受験者数の少ない上位級(難しい級)の年間実施回数が少なくなっているものが多くあります。

例えば、日商簿記検定であれば3級と2級が年3回実施されるのに対して、1級だけが年2回の実施となっています。

一方、建設業経理検定の方は、1・2級が年2回(3月・9月)実施されるのに対し、3・4級は年1回(3月)しか実施されません

せっかく経審で評価される1・2級が年2回実施されるのにもかかわらず、3・4級が年1回しか実施されない訳ですから、3・4級の受験を前提に考えると、1年単位でしか受験のチャンスが巡って来ず、上位級へチャレンジするのに時間がかかってしまいます。

また、一般的な3月決算の企業であれば、7月から8月頃に経審の書類を提出することになるかと思いますが、その書類の提出に間に合わせるためには、3月試験(合格発表は5月)で2級以上に合格していなければなりません
従って、もしもその3月試験で3級を受験して合格できても、その年の夏に書類を提出する経審の評点アップに影響させることができません。

そういった観点で考えると、基本的には年2回実施される2級をターゲットにしつつ、心配な方で3月受験をお考えであれば、3級を併願するという方法を念頭に置くのが効率的だといえるでしょう。

勉強も2級から…?

上記のような理由で2級をいきなり目指してしまうことをお勧めしますが、学習自体も2級のテキストから始めてよいかと問われたら、その答えは基本的に「NO」です。

簿記や会計の分野は、基本的な思考法が身に付けば、シンプルな基本知識の上に複雑化し内容が乗っかったり、カバーする範囲が広がったりするだけなのですが、基本をおろそかにしたまま上位級の学習をしてしまうと、やたらと難しく感じてしまい、挫折する危険性が高くなってしまいます

逆に、基本的な考え方をきちんと身に付けることができれば、その後の学習がかなり楽になります

そのため、できれば3級のテキストや講義をひととおり学習して、基本を押さえたうえで2級の学習に進むことをお勧めします。

ただ、3級の内容を完璧にマスターしなければならないかというと、そういう訳でもありません
3級の内容を完璧にしようとすると、2級の学習という観点からすると効率が悪くなってしまいます。

その辺りの学習法の詳細については、こちらの記事を参考にされてみて下さい。


建設業経理事務士3級 出題パターンと解き方 過去問題集&テキスト

  • 製造元:
    ネットスクール株式会社
  • 定価:
    1,800円(税抜)
  • ISBN:
    978-4-7810-1434-0

OTHER ENTRY この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

SERVICE 自社サービス