お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

今こそ読み直そう!第148回日商簿記3級の「講評」



日商簿記検定の「講評」は確認しましたか?

毎回、それなりの反響を頂いておりますので、3級についても前回の日商簿記検定の「講評」を振り返っていきましょう。

日商簿記検定では、試験が終わるたびに、それぞれの回がどういった趣旨で出題されたのかという「出題の意図」と、採点終了後の結果を踏まえた「講評」が日商簿記検定の公式サイトにて公開されているのはご存知ですか?

どちらも試験の主催者から発信される試験問題に対する公式コメントなので、受験される級の過去の「出題の意図」や「講評」はぜひチェックして頂きたいのですが、第149回日商簿記検定が間近に迫ったこのタイミングでは、とりわけ「講評」について注目しておきたいと思います。

「講評」では、その回の受験生の理解や対策が不十分だと思われるポイントがたびたび指摘されています。
裏を返せば、そうやって指摘されているポイントの理解や対策が十分でない限り合格は難しいかもしれませんし、そこを乗り越えれば、出題者の「合格させたい受験生」のイメージに、最終的には合格に近づくかもしれません。

間近に迫った日商簿記検定に備え、今回は第148回日商簿記検定3級の出題の意図の中から、「GAINS!」編集担当者が気になるポイントをピックアップしていきたいと思います。

なお、出題の意図・講評の全文は以下のページにて閲覧できますので、気になる方はチェックしてみて下さい。 ※以下の引用文は、特に断りがない限り、第148回日商簿記検定3級「出題の意図・講評」の講評部分から引用したものとなります。

第148回日商簿記検定3級の「講評」で気になるポイント

第148回日商簿記検定3級の合格率は48.9%で、今回も40%を超えました。
直近5回はすべて合格率が40%を超えており、その中でも高い方の合格率と言えるのではないでしょうか。

ただ、こうした傾向は突然変わる可能性もあります。
ですが、たとえ問題の難易度が少し変わったとしても、試験の主催者や出題者が「受験生に求めるレベルや大切にして欲しいと思っていること」をクリアできれば、合格ラインである70点は超えられるような問題になるはずですから、出題者の想いを前回の『講評』で振り返っておきましょう。

初見の問題への対応について

日商簿記3級の合格に向けて、過去問題はもとより、色んな出版社が発刊している予想問題集などを解いて対策を進めている方は多いかと思います。
そこで解いた内容と同様の問題が出題されたら良いのですが、やはり「見たことのない問題、初めて見る問題が出たらどうしよう…」という不安はつきまとってしまうのではないでしょうか。

このような“初見”の問題への対応に関して、第148回日商簿記3級の『講評』で何度も触れられていますので、ご紹介しておきます。

まず、第1問の仕訳問題の『講評』では、
全般的に、正答率は高かったものの、「過去問題の類似問題なら解けるけれども、初出題の問題は苦手」という受験者も見受けられます。初出題の問題でも、どのような取引が行われたのか、それによって各勘定がどのように増減したかを考えれば、正答は導けます。普段の学習でも、「なぜこの仕訳になるのか」を意識するようにしてください。
と、受験生の本音を見透かすような講評がなされています。

また、第5問の『講評』でも、
普段からパターン学習ではなく、取引等の意味を考えたうえで答えることを心がけ、初見の問題でも説明にしたがって正答を導けるようになることが望まれます。
と、初見の問題に関する対応について触れています。

特に、前回の第5問では、耐用年数が到来した後も使用を続けている固定資産の取り扱いが初めて出題されたことが、関係しているのではないかと思われます。

出題者としては、実務を意識した上で「問題文の指示通りに処理すれば、初めて遭遇するケースでも解けるはず」という期待を込めて出題したのでしょう。
そして実際には、合格レベルに達している受験生はきちんと問題の指示に従って処理できたものの、そうでない受験生は正答率が低かったために、このような『講評』を書くに至ったのではないかと推測できます。

第147回の『講評』に関する記事でも、出題者側もそうした受験生の心理を知った上で「適切に問題文を読み取っているか」を問うような問題を出題する可能性が十分にあるのではないかと書きましたが、その傾向は続いているのかもしれません。

第3問の試算表作成問題での要注意ポイント

前回の第3問では、残高試算表作成に関する問題が出題されました。
その内容と正答率について『講評』では、
残高試算表を作成する基本的な問題で、取引数も少なめでしたが、想定よりも正答率は高くありませんでした。
と書かれています。

想定よりも正答率が高くなかった原因として、『講評』の中で誤答が目立った内容には、次のような項目が挙げられています。
  • (前期発生)売掛金の貸倒れの処理
  • 仕入時の引取運賃の処理
  • 売上時の発送費の処理

仕入』や『売上』の金額は、試算表作成問題の中でも特に重要な内容であるため、配点箇所になっている可能性が高いものでもあります。
そうした項目に関連する事項は、1つの処理を間違えるだけで最終的に集計した結果の解答も間違ってしまう可能性がありますので、上に挙げた項目で不安が残るものがあれば、もう一度しっかりと復習しておくことをおすすめします。

最後に

3級の試験では、初めて日商簿記検定を受験するという方も多いことと思います。

検定試験は、「こういうを理解している人を合格させたい」とか「こういうことしかできない人は合格させないようにしたい」という出題者の意図に応えることが合格への近道です。
その際、インターネットを調べてヒットするコメントなどを参考にしても良いのですが、情報の信頼性として試験主催者が発信する情報に勝るものはないかもしれません。

ここで紹介したのはほんの一部ですので、受験される方はぜひ一度は原文を読んでみることをおすすめします。


第149回日商簿記検定まで残りわずかですが、試験終了のその時まで、悔いの残らないよう、諦めずに頑張って下さい!

OTHER ENTRY この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

SERVICE 自社サービス