お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

’17年3月建設業経理検定2級(第21回)・3級(第36回)の出題予想



来る3月11日に実施される建設業経理検定まで、残りわずかとなりました。
毎回恒例となりました、建設業経理検定の出題予想のうち、まずは2・3級の出題予想についてお届けします。

※1級の出題予想に関する記事はこちら▼
第21回(’17年3月)建設業経理検定1級の出題予想

第21回建設業経理士2級の出題予想

桑原先生による出題予想動画

※動画の途中で、桑原先生による「本支店会計」のミニ解説も行っております。苦手な方は、ぜひご覧下さい!

気になるポイント

詳細は動画を見て頂きたいのですが、特筆すべきポイントについては抜粋してこちらでも記しておきます。

第2問

注目すべきは「本支店会計」です。
出題内容が多岐にわたり、かつ、応用力が要求されるため解答が難しい第2問。その中にあって、第6回から第19回まで第17回を除いてほぼ毎回出題されていたのが、この本支店会計です。
しかも、出題されるのは基本的に「支店間取引」に関する問題か「内部利益」に関する問題のいずれか(もしくは両方)といった具合で、第2問の中で過去問題の対策が有効に働く数少ない内容といえます。

この「本支店会計」が第20回に出題されなかった。
過去の傾向から考えると、第21回試験で「本支店会計」が出題される可能性はかなり高いといえるでしょう。
ぜひとも得点をゲットして頂きたいということで、本支店会計に関する2パターンの計算問題の解き方について、動画中で桑原先生が解説していますので、ぜひそちらもご覧下さい。

第3問

第3問は最も出題予想がしづらい問題です。

重要度の割に最近出題されていない「材料費」に関する内容を第1予想としましたが、その他の内容も出題可能性は低くないと思われますので、ひととおり対策しておくことをお勧めします。

第5問

第5問はこれまで、毎回必ず「精算表」の作成問題が出題されています。

決算整理事項の中にも、「減価償却」や「退職給付」など毎回必ず問われる処理があります。

繰り返し解いて訓練することで正確性とスピードも上がりますので、不安な方はしっかりと練習しておきましょう。

第36回建設業経理事務士3級の出題予想

桑原先生による出題予想動画

気になるポイント

詳細は動画を見て頂きたいのですが、特筆すべきポイントについては抜粋してこちらでも記しておきます。

第2問

第30回から第35回までの出題実績を見ていくと、「工事原価計算表を基にした計算問題」と「完成工事原価報告書の作成」が交互に出ていたものの、第34回・第35回と立て続けに「完成工事原価報告書の作成」問題が出題されています。

これまで交互に出題されていた問題で、さすがに一方の問題が3回連続で出題される可能性も低いと思われるため、今回の諸相では「工事原価計算書を基にした計算問題」を第1予想としています。
ただ、第2問は上記の2パターンのいずれかが出題される可能性が極めて高いため、余裕がある方は両方とも対策しておくことで、得点確率はグンと伸びると思います。

第3問

第30回から第35回までの6回の出題実績を見ると、「合計試算表(取引高あり)」の出題が1回であるのに対して「合計残高試算表」の出題が5回と、かなり偏っています。

第2問と異なり、ここまで偏っていることを考えれば第3問の出題の中心は「合計残高試算表」の作成問題であると考えることもできるので、こちらを第1予想としました。

とはいえ、どちらも「試算表」であることには変わりありませんから知識の応用が利きますし、配点も30点と大きいため、どちらのパターンでも対応できるように一通り対策しておくことをお勧めします。

第5問

第5問は毎回「精算表」が出題されていますし、(動画でも触れていますが)毎回必ず出題される決算整理事項も多数あります。
配点も28点と第3問に次いで大きいですから、確実に解けるようにしておきましょう!
※なお、2級でも毎回のように精算表が出題されているため、2級に進むことをお考えの方は、3級のうちに得意にしておきましょう。

お知らせ

ネットスクールでは、試験の翌日である3月12日(月)に建設業経理検定1~3級の解答速報の公開と、講師陣による講評動画を無料配信する予定です。
試験翌日も、ぜひネットスクールの特設サイトをご覧下さい!

建設業経理士2級 出題パターンと解き方 過去問題集&テキスト 17年3月、17年9月試験用

  • 製造元:
    ネットスクール株式会社
  • 定価:
    2,160円(税込)
  • ISBN:
    978-4-7810-1440-1

OTHER ENTRY この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

SERVICE 自社サービス