お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

建設業経理士1級の科目選び



建設業経理士1級の科目合格制について

建設業経理士1級の試験は、『財務諸表』・『財務分析』・『原価計算』の3科目から構成されており、すべての科目に合格しなければ、1級合格とはなりません

ただし、必ずしも一度にすべて合格しなければならない訳ではなく、“科目合格制”という仕組みが採られており、1科目ずつ受験していくことも可能になっています。

ただし、各科目の合格という事実は、合格通知書の交付日から5年間という有効期限が設けられています。端的にいえば、「科目合格は5年間で無効になってしまう」ということです。

従って、最初に合格した科目から5年以内に残りの科目も合格しなければならないということになります。

建設業経理士の試験は年2回実施されるため、有効期間が5年間ということは10回の試験の中で残りの科目に合格しなければならないことになります。
とはいえ、繁忙期と重なったり、家庭の事情やご自身の体調などの都合だったりで、必ずしも毎回受験できるとは限りません。

有効期間は5年間ですが、不測の事態に備えて、可能な限り短い期間で3科目合格できるようなプランを考えるようにしましょう。

各科目の特徴

それでは、ざっくりと建設業経理士1級の各科目の特徴を見ていきましょう。

財務諸表

主な特徴

  • 勉強すべき内容が最も多い
  • その割に1回の試験で出題される内容は少なめ
  • 計算問題よりも理論問題の比重が大きい
  • 会計基準や法令の改正の影響を最も受けやすい
  •   
  • 「建設業っぽさ」が3科目の中で最も薄い


『財務諸表』は、建設業経理士2級の第1・2・5問に登場する仕訳問題や精算表で学習した内容をさらに発展させたものと考えて頂くと、イメージしやすいかと思います。
ただ、計算問題や仕訳問題よりも、理論的な背景や会計のルールに関する配点の比重の方が大きいことが特徴でもあります。
また、「建設業っぽさ」や「建設業特有の内容」が3科目の中で最も少ない傾向にあるため、他の簿記・会計系検定試験の学習後に建設業経理士1級を目指す方にとっては、『財務諸表』が最も違和感なく学習できるかもしれません。

財務分析

主な特徴

  • 1級で初めて学習する内容である
  • たくさんの公式を覚える必要がある
  • 公式を覚えてしまえば計算しやすい傾向がある
  • 出題される問題のパターンは3科目の中で最も少ない
  •   
  • ここ数年で合格率が一番高い


『財務分析』は、建設業経理士試験でも2級までで学習することはなく、1級で初めて学習する内容となります。
他の簿記・会計系の検定試験の中でも、財務分析を中心に取り扱うものが少ないため、新たに学習する内容が多いのは確かです。

ただ、経理職以外の方でも、仕入先や得意先の経営状況などを見る力が身に付くため、学ぶことで視野が広くなることも期待できます。

原価計算

主な特徴

  • 会計基準や法令の改正の影響を最も受けにくい
  • 計算の比重が最も大きく、理論の比重が小さい
  • 出題パターンが安定している第5問の配点が極端に大きい(100点中40点)
  • 建設業経理事務士時代からの平均合格率は3科目の中で最も高い
  •   
  • ただし、最近の合格率は3科目中最も低いこともしばしば


『原価計算』は、建設業経理士2級の第3問・第4問で出題された計算問題や完成工事原価報告書の作成問題を通じて学んだ知識をさらに発展させたものと考えて頂くと、イメージしやすいかと思います。
計算問題の割合が大きいため、一見すると取っつきやすく、建設業経理事務士時代からの平均合格率は、1級3科目の中で最も高い科目となっています。
しかし、近年では出題範囲が広くなり、新しい出題傾向の問題が出題されることもしばしばあり、思考力が問われる傾向があるのも事実です。
そのため、最近の合格率は3科目の中で最も低くなることもあります。

初めて学習するのはどの科目?

好き嫌いや向き不向きはあるものの、最終的には全科目に合格しなければなりません。
では、どの科目から学習するのがよいのかということですが、簡単に言えば「得意そうな科目」や「最も合格しやすそうな科目」から選ぶのが得策です。

この選び方では苦手な科目や不向きな科目を残してしまうため、5年間の有効期間内に3科目すべての合格ができるのかと不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、よく考えてみて下さい。
いきなり苦手な科目や不向きな科目を選択してしまったばかりに、最初の科目で何度も不合格になってしまっては、モチベーションの維持は困難です。

反対に、最初の科目で合格できれば、合格するために必要な勉強方法や、第1問の論述でどれくらいの内容が書ければ合格できるのかを自分の経験として体得した上で次の科目へと進める訳ですから、苦手な科目でも、多少なりとも攻略技術が向上した状態で挑むことが可能です。
そのため、どの科目から学習すべきか迷った場合は、「得意そうな科目」や「最も合格しやすそうな科目」というアプローチで考えるのも、1つの有効な方法としてお勧めしています。

OTHER ENTRY この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

SERVICE 自社サービス