お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

初めて簿記のセカイへ入る皆さまへ~目指せ日商簿記3級合格!~(前編)

ご挨拶

GAINS!をご覧になっていただいている皆さま、はじめまして!

今回より、ネットスクール出版で刊行している書籍について、初めて学習される資格試験の概要やその試験の合格に向けて何をすべきかなど、ココでしか見れないお得な情報を定期的にご案内いたします。

「この試験を受けたいんだけど、まず何をすればいいの?」
「書籍を使って資格試験の勉強をしたいんだけど、オススメってある?」
「あと●ヶ月(●日)しかないけど、いまから何をすれば合格できるの?」


といった皆さまの素朴な疑問にお答えすることが出来ましたら、幸いです。

そして、よろしければネットスクールのWEB-SHOPで気になった書籍をお買い求めいただければ嬉しいです。
それでは、最初のコラムに入りたいと思います。

資格試験を受けたいと思った”理由”を試験日まで忘れない!

まず、日商簿記検定3級の具体的なお話に入る前に、「この資格試験を受験したい!」と思った理由について、頭の中でも構いませんのでイメージしてみましょう。

例えば……
  • 自己啓発として勉強したい
  • 就職・転職に役立てたい
  • 会社の業務で必要になった
  • 学校の単位取得として使える
  • 単純に興味があるから  などなど

これは、日商簿記検定の本試験実施後に弊社にて開催した『解答速報会』イベントの受験後アンケートにおいて、実際に受験された方々に“受験・学習目的”をお尋ねした際の回答の一部です。

資格試験は数えれば多くの試験が存在しますが、上に挙げたように、受験する理由には様々なものがあることがお分かりだと思います。ある1つの資格試験・試験級・科目において、例えば同じ試験会場で受験されていても、その会場・教室にいる皆さまの想いは、それぞれです。

ただ、共通のゴールと言えるものは1つ存在すると考えます。
それは、「受験する試験日に受験して、基準を満たす合格点を取ること」です。
このことは当たり前のことだと思っていらっしゃる方が殆どだと思います。
実際、本コラムの担当がとある資格試験を受験した際、「よし、独学で合格するぞ!」と意気込んで、地元の書店で学習法を記した本に書いてあったことでした。

特に、日商簿記検定3級をこれから受験される方にとっては、久しぶりの勉強であったり、初めて資格取得を目指す方もいらっしゃると思います。
初めてだらけのなかで、まず何をしないとならないのか、どこまで勉強していくべきか、いろいろ悩むこともあるでしょう。 また、勉強を始めたとしても、途中でよく分からない部分にぶつかってしまって勉強が辛くなったり、質問をせずにはいられない(質問することばかりに集中してしまう)状況でなかなか進まず、勉強することや受験することを断念しようか考えてしまうこともあるかもしれません。

そんなときは、一度立ち止まってみて、ご自身がその資格試験を受けようと決意した理由を思い出してみましょう!
「●●だから、この試験を受けて合格したいんだ!」
周りを見ながら、声に出してみてもいいかもしれません。
初心を忘れずに、かつ土台をしっかり持っていれば、その先の未来は直ぐそこまで近づいています。

あまり上手なことは言えていないかもしれませんが、資格試験に合格することで様々な明るい未来を拓くことが出来ますので、是非、受験する試験の本番まで最初に持っていた“理由”を忘れずに、大切に持っておきましょう!

ネットスクール従業員一同、皆さまの合格を応援しています!!

簿記のセカイを知りたいアナタへオススメ!
『ゼロから始める簿記』

本コラムでは、はじめて簿記のセカイへ入る皆さまへ、全3回の連載で日商簿記検定3級の合格を目指すために必要なことを掲載していきます。

今回は、初めて簿記を勉強する方へのオススメ書籍『0(ゼロ)から始める簿記』をご紹介いたします。 簿記と一言に言っても、そもそも何をするのか?
本書は、初めて簿記に触れる皆さまが最初に気になるギモンに答えた、まさに簿記の入門書です。

実際の内容についてはネットスクールWEB-SHOPの同商品ページの『立ち読み』で是非その分かりやすさをご覧になっていただきたいと思いますが、
  • 簿記を勉強するといいことってなに?
  • 簿記って日常生活で役に立つの?
  • “簿記検定”ってどんな試験があるの?

といった素朴なギモンに答えるところから始まっていますので、簿記検定を受験してみたい方は、電車移動や休憩時、読書したいときなど気軽に本書を読み進めてみましょう。

因みに、本コラムの担当が本書が発売となった当初に読ませていただいた際、「簿記検定っていくつかあるんだ!?」「あの時に勉強したことって、こういうことだったんだ」と簿記検定の勉強後に知ったこともありました。
また、本書で所々にあるマンガに登場するキャラクターのセリフが、過去に勉強していた自分自身が言っていた・気になっていたことと一致していて、思わずクスッと笑みがこぼれる場面もありました。

新たなものとして0(ゼロ)から1へと作り出すのは、既存のものを少しずつ増やしていくことより大変なことがあります。
是非、本書を読んで、簿記のセカイへの第一歩を踏み出しましょう!!

次回予告

さて、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
次回(中編)は、毎年6月・11月・2月に実施される日本商工会議所主催の簿記検定3級について、初めての方が書籍で学習する場合の一連の流れをご紹介いたします。

よく弊社宛にお問い合わせいただく内容に、「AシリーズとBシリーズ、どっちで勉強すればいいの?」というご質問があります。
答えがあるようでない、というのが正直なところではありますが、ネットスクールでは日商簿記検定3級の合格に向けて、様々なシリーズを刊行しております。
次回はこういったシリーズ間の比較から、本試験(試験日は決まっています!)まで何をすべきか、皆さまのご参考になれば幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

ゼロから始める簿記

  • 製造元:
    林 恵岐(著) ネットスクール株式会社(発行)
  • 定価:
    929円(税込)
  • ISBN:
    978-4-7810-0166-1

OTHER ENTRY この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

SERVICE 自社サービス