お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

9月の建設業経理試験に向けて、いつから勉強を始める?



はじめに

先日実施された建設業経理士試験で、自己採点の結果、合格圏内にいる方々は、既に「次の試験に向けて」のことをお考えの頃だと思います。

新たな級や科目を勉強する際に、どうしても気になるのは「今から始めて間に合うのか?」ということです。

もちろん、人それぞれ学習に充てられる時間や体力・集中力の問題、得手不得手などがありますから、一概に「今だったら絶対に間に合う」とも「今からでは絶対に間に合わない」とも言い切れるものではありません。
ですが、他の受験生と比べて相対的に「早い」か「遅い」かは分かるはずです。

という訳で、以前ネットスクールが解答速報の際にお答えいただいたアンケートを元にほかの受験生がいつ頃、9月に実施される建設業経理士に向けた学習スタートさせたのかをまとめてみたいと思います。

今回のアンケートについて

この記事は、2016年9月に実施された第20回建設業経理士試験の解答速報を公開した特設サイトにてリンクを貼ったアンケートの回答情報を元に作成しています。
有効回答数は、1級を受験された方の回答が66件、2級を受験された方の回答が182件となっております。
なお、すべて受験生の方々の自己申告に基づいております。また、解答速報の際に実施したアンケートのかた、それぞれの方の合否との関連性については調査しておりません。あらかじめご了承ください。

2級の始め時

2級は「試験を申し込んでから勉強スタート」の方が多い

まずは、以下のグラフをご覧頂きましょう。
2級スタート時期-min 赤い棒グラフは、「9月の試験に向けて学習を始めた時期」を示したグラフです。

棒グラフで見ると、学習を始める方が最も多いのは3月試験の合格発表と9月試験の申込時期である5~6月となっています。
ただ、これは2か月合算の割合となっていますので、単月で見た場合、実は7月や8月の方が圧倒的に多いという結果になっています。

いつから始めれば「早い方」?

また、緑の点線で示した折れ線グラフは、「その月までに学習を始めている方の割合の累計」を示しています。
これによれば、半分以上の方が勉強を始めている状態になるのはおおよそ7月上旬ごろということになります。

従って、この結果だけを見ると、9月に実施される2級建設業経理士試験の学習は「6月中に始めれば早い方」と言えることになるでしょう。

1級の始め時

1級は「合格発表」の時期が始め時?

1級についても、同様のグラフをご覧頂きましょう。
1級スタート時期-min 2級のグラフと同様に、赤い棒グラフは「9月の試験に向けて学習を始めた時期」を示したグラフ、緑の点線で示した折れ線グラフは、「その月までに学習を始めている方の割合の累計」を示しています。

これを見ると、1級についても勉強をスタートされる方が最も多いのは、試験の申込が締め切られた後の7月が最も多い結果となっています。
5月の結果発表を受けて早々に学習を始めるイメージがあるかもしれませんが、実際にはそれから1か月半ほど経って、受験申込も済ませた7月にスタートする方が多いようです。

ただ、1級は同時に受験する科目数によって必要となる学習期間も大きく異なります。
おそらく、スタートが遅めの方は1科目のみの方、早めにスタートされている方は複数科目を受験される方という棲み分けがあるものと思われます。

いつから始めれば「早い方」?

7月ごろにスタートする方が多いとはいえ、最も前から学習を始めている方も多いのが1級の特徴です。
そのため、半分以上の方は6月までに学習をスタートしているという結果になっています。

1科目のみの方は7月ごろのスタートでも決して遅い方とは言えないかもしれませんが、複数科目受験の方は、遅くとも合格発表の直後、早ければ3月試験の後からあまり期間を空けないうちに学習を始めるように検討した方がよいかもしれません。

お知らせ

ネットスクールでは、建設業経理士試験対策WEB講座を開講中です。
以下のページでは、無料説明会もご覧になれます(時期によっては一時的にご覧になれない場合もございます)。
効率的に学習を進めたい方は、ぜひご検討下さい。

OTHER ENTRY この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

SERVICE 自社サービス