お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

過去問を使いこなす「タテ解き」と「ヨコ解き」



過去問題集の使い方は1つじゃない!

資格試験の試験日が近づいてくると過去問題集に挑戦するという方は多いことかと思います。

過去問題集を解くことで、実際に出題された問題の難易度や出題傾向を把握することができるため、試験勉強を効果的に進めることが可能となります。

ただ、忘れてはならないことが過去問題集は原則として「実際に出題された問題しか載っていない」ということです(ネットスクールの『未来のための過去問題集』のように、出題区分の変更に伴って修正している場合もありますが…)。
事実としての「過去問題」は分かるものの、そこで解いた問題が必ずしも今後の試験で出題されるとは限りません。

特に、出題区分の変更途中にある日商簿記2級や、難易度の高い日商簿記1級・全経簿記上級などでは、過去問題集には載っていない、言い換えれば過去に出題されていない新しい内容の問題が登場することもしばしばあり、ともすれば「過去問題集は役に立たない」と思われることもあるようです。

この原因の1つとして考えられるのが、効果的な『過去問題集の使い方』、『過去問題集を使った学習方法』を知らずに、ただ漫然と過去問題集を解いてしまっている可能性です。

模擬試験のようにして、「今日は第○○回の問題を解いて、何点取れるか確かめてみよう」という解き方も有効ですが、過去問題集の解き方はこれだけではありません。

実力UPのためにはどのように『過去問題集』を活用するべきなのか、いっしょに見ていきましょう。

ネットスクールが提唱する「タテ解き」と「ヨコ解き」

ネットスクールでは、過去問題(過去問題集)の活用法として「タテ解き」と「ヨコ解き」という2つの使い方を提唱しています。

「タテ解き」とは?

実際の試験で出題された組み合わせで、模擬試験のように過去問題を解くことを、ネットスクールでは「タテ解き」と呼んでいます。

おそらく、多くの受験生が過去問題集を購入すると「タテ解き」は行っているかと思います。

この「タテ解き」は、実際の試験を想定して時間配分や解答順を考える訓練ができるという、シミュレーション的な面で非常に有効な解き方です。

ですが、解答にあたっては本試験と同じくらいの時間が必要な上、間違えたり解けなかったりした問題について解説を見ながら復習するには更に長い時間が必要なため、まとまった学習時間が取れない方には、なかなか難しい勉強法であることも事実です。

過去問題集を「タテ解き」だけで活用しようとした場合、このように時間がかかりすぎることが原因で時間の確保がうまくいかず、結果的に過去問題演習が不足したまま本試験の日を迎えるといった事態が起きるおそれもあるので、注意が必要です。

「ヨコ解き」とは?

一方、実際の試験の組み合わせとは関係なく、関連する内容または出題形式だけをピックアップして解いていくことを、ネットスクールでは「ヨコ解き」と呼んでいます。

例えば、日商簿記の2・3級であれば、「第3問だけ」「第5問だけ」とか、もっと細かく「試算表の問題だけ」「CVP分析だけ」といったような特定の内容だけを解くことをいいます。

せっかく過去問題集を購入しておきながら、このような解き方をするのは「もったいない」と思う方がいらっしゃるかもしれません。
確かに、この解き方では「タテ解き」のように解答する順番を考えたり、時間配分を気にしたりといった対策はできません。

ですが、似たような問題を繰り返し解くことになるため実力が伸びやすく、また、繰り返すことによる「慣れ」のおかげで問題文の読み取りや資料の整理を効率化することが可能になります。

加えて、級や難易度が上がるにつれて似たような条件や資料でも1か所の指示が異なるだけで計算方法が変わってしまうような内容が増えた際には、問題ごとの細かい違いにも気づきやすいため、問題を細かく注意深く読み込む力も身に付けることが可能です。

ネットスクールが出版した『税理士 過去問 論点ヨコ解き問題集』という問題集では、税理士試験の“財務諸表論”で実際に出題された過去問題を思い切ってバッサリと内容ごとに切り分けて、有価証券なら有価証券に関連する部分だけを、社債なら社債に関連する部分だけを続けて解けるようにしています。

そうすると、先ほど述べたように過去問題ごとの微妙な違いに気づきやすくなった上、各回の出題内容が易しいのか難しいのかを見極められる力が身に付いたというご意見も、読者の方から頂戴しています。

初めて見る内容や形式の問題が出題された場合、無理してでも挑戦しなければならないこともありますが、一旦は後回しにして他の問題である程度点数を稼いでおいた方が良いケースが圧倒的に多いです。
しかし、その判断を行う基準が無ければ、解くべき問題を後回しにしてしまったり、解くと闇雲に時間を浪費する問題にハマってしまったりと、得点に悪影響を及ぼす結果となる恐れがあります。

そうした事態を回避するためにも、同様の内容がどういったバリエーションで出題されたのかを確認する「ヨコ解き」も、『過去問題集』を効果的に活用する1つの方法です。

大切なのはバランスと組み合わせ

「タテ解き」には挑戦しているものの「ヨコ解き」は挑戦していないという方が多いのではなないかということで「ヨコ解き」の説明を長めにしましたが、だからと言って「タテ解き」は不要ということではありません。

試験の本番では時間配分や解答順を考えることも大切ですから、過去問題集を「タテ解き」することも非常に重要です。
ですから、可能な限り両方の解き方をバランス良く学習に取り入れることが大切です。

また、ご自身で今必要なことに合わせて解き方を変えるのも有効です。 「タテ解き」はどちらかといえば“実力の確認”に、「ヨコ解き」は“実力の養成”に最適な解き方です。

その時々のご自身の状況や課題に合う形で「過去問題集」を活用して、合格を勝ち取るようにしましょう!

お知らせ

ネットスクールの刊行する日商簿記・全経簿記上級・建設業経理士・税理士財務諸表論の過去問題集のお求めは、ネットスクールWEB-SHOPで!

OTHER ENTRY この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

SERVICE 自社サービス